森林風致計画学研究室 卒業論文・修士論文・博士論文
graduation theses, master's theses and doctoral theses

森林風致2018年3月までの論文

森林風致計画学研究室 (1974年〜)

卒業論文172編修士論文112編博士論文38編を提出しています。

造園学教室 (1920年〜1973年)

卒業論文80編修士論文7編を提出しています。

最近10年間の論文タイトル

2018年

卒業論文

可視領域の形状にもとづく場所の景観特性の把握手法に関する研究
東京近郊の駅前モニュメントにみられる表現の傾向とその要因
高架下空間の商業利用とコミュニティ形成の変化について
インターネットの口コミにみる都市公園における夜間利用者の行動特性
場所の命名と境界線の生成の変遷に関する研究―鎌倉市を事例として―

修士論文

近代以降の催事に見る都市公園に対する認識の変遷―都市公園を事例として―
若者文化の情報発信地としての性格をもった地域の特性に関する研究
中心市街地活性化基本計画における協議会への民間関与と事業成否の関連性

博士論文

中国山東半島寧津地域における海草房集落の景観的特徴とその保全に関する研究

このページの一番上へ

2017年

卒業論文

学齢期の自然体験が後の環境保護意識に及ぼす影響
原爆ドーム景観の構成とその意味の結びつきに関する考察

修士論文

音頭・校歌にみる地域アイデンティティの構成と形成に関する研究
まちづくりにおける「花」の役割の変遷

博士論文

伝統的覆下茶産地における文化的景観の変遷に関する研究

このページの一番上へ

2016年

卒業論文

グラフィティの表現様式と描画環境との関係性について
江戸時代の観月体験に関する研究

博士論文

情報の伝達からみる現代の風景の変容
近代日本における郷土風景論に関する研究

このページの一番上へ

2015年

卒業論文

近代以降の東京湾岸域における海辺への見通しの継承性に関する研究

修士論文

記述構造からみた明治期の植物誌における学知の秩序に関する考察 -伊藤圭介(1803-1901)の著作を題材に-
1日の時間経過との関係に着目した子どもの遊びに関する研究 -林試の森公園を例として-
由布院温泉の来訪者の食体験からみる地域性の評価について

このページの一番上へ

2014年

卒業論文

東京都山谷地域における空間構造の変遷
生活域における音風景の構成に関する考察

修士論文

弁財天の祭祀空間にみる景観構造の特徴について
周辺飲食店を指標とした都市公園の名所性の評価
北海道空知平野の開拓集落における景観構造の特徴

博士論文

景観選好における評価因子の構造に関する研究

このページの一番上へ

2013年

卒業論文

魚の観賞様式の歴史的変遷に関する考察
緑の基本計画におけるゴルフ場の位置づけに関する考察
河川管理思想の転換期における水害防備林の分布実体
雑誌『國立公園』表紙から見る自然風景に対する認識の動向
観光に関わる評価研究の変遷に関する考察
新幹線沿線の「野立て広告」の掲出実態と法的規制に関する考察
日本風景街道の活動実態と活性化の視点

修士論文

都市の歴史的風致の継承に関する考察 ‐川越市を事例に‐
分節性と開閉性からみたオープンスペースとしての住宅地内道路に関する考察
中国山東省栄成市寧津地域の海草房集落の景観的特徴及び影響要因

このページの一番上へ

2012年

卒業論文

ブログ掲載写真の分析を通した塔状高層建造物の景観に関する考察
芝生園地における滞座者の空間利用に関する計画論的考察

修士論文

東京都心部における階段状街路の成立と展開
狭小繁華街における遊歩行動の特性

博士論文

借景の展開と構成 ‐日本・中国造園における比較研究‐

このページの一番上へ

2011年

卒業論文

高圧線周辺の土地利用に関する研究
東京近郊における鉄道駅と大学キャンパスの空間的関係性の変遷
吉野熊野国立公園大台ケ原地域の植生の変化に対する社会的評価について
小平市における雑木林の変遷と管理状況
玉川上水緑道にみる緑地と住民の関わりの変遷

修士論文

色彩に着目した繁華街景観の地域差 ‐秋葉原・巣鴨・渋谷を事例に‐
近現代における花の名所の変遷過程 ‐鎌倉地域を対象として‐
植民地期の大連における都市の歴史的風景に関する研究
旅行番組にみる風景の表現に関する研究 ‐「新日本紀行」を例に‐

博士論文

A study for the landscape sustainability of Chocolate Hills, Bohel, Philippines

このページの一番上へ

2010年

修士論文

近現代の都市空間における歓楽の展開
都市における見通し眺望の場としての歩道橋の意義に関する考察
森林ボランティアの対価支払い手段としての地域通貨の実態と課題

このページの一番上へ

2009年

卒業論文

国立マンション訴訟から考える景観の法的保護の方向性
信仰施設における光環境のデザイン手法
異界性の意味を与えられた土地の立地特性にみる場所のアイデンティティの考察
横浜市の事例にみる道祖神の立地とその周辺環境との関係
都市水系を活用した市街地における自転車道ネットワーク構築の可能性

修士論文

戦後の東京都内商店街における「美観」の構築に関する研究
ダム湖百選にみるダム湖の親水性に関する研究
新潟県十日町市松之山地区にみる棚田景観地の景観構造に関する研究
The landscape characteristics of Javanese city setting

このページの一番上へ

2008年

卒業論文

首都高速道路高架下を活用した公園の設置状況とその利用特性
ウェブサイトにみる国立公園に関する情報提供の現状と課題
公園の存在と周辺地価の関係及びその変遷に関する考察
固有名をもつ色彩の特性分析を通じた「緑色」の特徴
景観法が地方の景観行政にもたらした影響に関する考察 ‐景観計画を持つ15自治体を例に‐

修士論文

都市構造との関係から捉えた城郭遺産の保存・活用方策の課題と可能性 -彦根・姫路を事例として-
風景画の分析を通じた地域把握の手段としての風景の表象表現に関する研究
「嵐山モデル」にみる見立て・写しによる風景デザイン手法
名所絵のランドマーク表現にみる江戸から明治への風景体験の変化
The Awarness and impressions of Filipinos on Japanese gardens

博士論文

近代における海岸林の風景生成過程
京都府美山町における重要伝統的建造物群保存地区選定に伴う景観変化に関する比較研究
The Landscape of District Shrines at the Fringe of Tokyo -A Study about its present state,change,and conversion-

このページの一番上へ

2007年

卒業論文

住宅情報誌にみる住環境における公園の位置づけ
環境NPO法人における活動と収入・運営体制の関連性に関する一考察

修士論文

江戸・東京における水辺レジャーとしての船遊びの歴史的変遷とその位置付けに関する考察
旧都市計画法の成立に至る近代の「広場」観
屋上緑化の潜在的可能性からみた都市景観の分類と評価
韓・日における住居複合用途ビルの外部空間構成に関する比較研究-ソウル市江南区、東京都港区を事例として

博士論文

歴史的集落における集落景観の保全に果たす路上景観の役割とその管理方策
生活域の自然環境が身近な森林に対する評価と行動に与える影響

このページの一番上へ

HOME 論文
©2006 - 2018 Laboratory of Forest Landscape Planning and Design
東京大学大学院 農学生命科学研究科 森林科学専攻 森林風致計画学研究室